家づくりを工務店に依頼したいけれど不安?それなら工務店の基礎知識から学ぼう!

当サイトは家づくりを工務店に依頼したいけれど不安だという人向けに、基礎知識をご紹介しています。
これから家づくりのためにハウスメーカーを選びたいという場合にも、役立つ可能性があります。
気になっている店は大丈夫なのか疑問がある場合にも、経営状態の安定したお店を見極める方法を解説しているのでおすすめです。
さらには担当者とのコミュニケーションも重要であるため、お客様目線の店を選ぶことの大切さにも触れています。

家づくりを工務店に依頼したいけれど不安?それなら工務店の基礎知識から学ぼう!

マイホームを建てるために工務店を利用しようかと検討している人も多いのではないでしょうか。
ここでは工務店の基礎知識をご紹介します。
工務店は戸建て住宅を建てる建設業者の中でも、一般的に規模が小さい地元密着タイプのハウスメーカーのことを指しています。
自由に設計出来ることが多く、個性のある家を建てたい場合に向く場合も少なくありません。
また職人さんとコミュニケーションをとりつつ家づくりをすることができるのも魅力的なところです。

そもそも工務店って何?ハウスメーカーとの違いから理解する!

住宅を建てる時に工務店にするか、それともハウスメーカ-を選ぶのかで迷うことがあります。
これらには違いがあり、ハウスメーカーは独自のブランドで全国展開しているような会社を指していて、対応エリアが広いのが特徴です。
仕様や企画が統一されているために工期が短く、品質も一定レベル以上が保たれています。
それに対し、工務店は地域に根差した活動を行っているところが多く、最近ではフランチャイズの工務店も出てきています。
工事全体に責任を持って行ってくれますので、施主側からすると安心感がありますし、様々な要望にも柔軟に対応してくれるところが見逃せないメリットです。
工務店を選んで住宅をつくると設計の自由度が非常に高くなりますので、他では見られないようなつくりを希望する場合にもお勧めです。
間取りや内装、設備に至るまで自由に選ぶことができ、選択の幅は広がります。
家をつくるにあたり強いこだわりを持っている人は、こちらを選んだ方が満足度は高くなります。

柔軟な対応力!コストパフォーマンスの高さ!地域に詳しい!工務店のメリットはたくさん!

工務店は、その地域に密着したサービスを提供している店舗のことを指します。
一般的なメーカーと比較して、顧客の要望に応えやすいメリットが存在します。
職人が話を聞いて、そこから設計にも携わっていくことになりますので本格的に注文住宅を実現したいと考えている時には、細かな注文を行うことができる工務店が向いています。
また、コストパフォーマンスが非常に高いという魅力もあります。
これは、どういった形で進めていくのかということを一緒になって考えていくことができるからです。
例えば、顧客の方から無理な注文があったとしても予算の範囲内で出来る限り理想的なマイホームを実現できるかということを考えてくれます。
そのため、想定した以上に金額にならないように配慮しますので安心できます。
柔軟な対応もとってくれますので、工事に入った段階であっても何らかのトラブルがあったり変更したいポイントがあった時には遠慮なく相談可能です。
その都度、職人との連携が取れて要求を通すことができますのでメリットは多いです。

品質は?メンテナンス費用は?倒産リスクも?工務店のデメリットも知っておこう!

これから家の新築あるいはリフォーム等を予定している人の中には、地元の工務店への依頼を検討しているケースがあるかもしれません。
ただし初めて利用する人にとっては、何かと不安があって、躊躇していまうことも。
確かに地元の工務店には地域に密着したサービスで、柔軟な対応をしてくれるメリットがある反面、幾つかのデメリットがあるのも事実です。
工務店に依頼を決める前に、それを知っておくことも大事なことでしょう。
まず最初のリスクは倒産です。
地元で経営する工務店の中には、地域で大工として代々受け継いでいる、小規模な業者が少なくありません。
大手ハウスメーカーのような経営力は期待できないため、その分だけ倒産リスクも高くなります。
もう住宅の品質がバラつく傾向が強いこと。
基本的に職人の腕に頼る施工になるので、業者や工法によっては高い技術力がある一方で、職人の熟練度が足りなかったり、不得意な工法が必要になると、一定の品質を保つことが難しくなるケースもあり得ます。
そしてメンテナンス費用がかかりやすいことも、見逃せないデメリットです。
これは大手メーカーのように自社で規格化された住宅を大量生産するわけではないため、家ごとにメンテナンスで必要な資材や工事についても、何かとコストがかかりやすくなるためです。

工務店に家づくりを頼むといくらかかる?希望する土地の坪単価で考えよう!

工務店を利用した注文住宅の家づくりは、ハウスメーカーとは異なり完全オーダーメイド方式になっているケースが多いので理想通りの家を建てることができる魅力があります。
完全オーダーメイド方式は、設計図を白紙の状態から書き上げる方法になるので、家を建てたい人のイメージが図面に反映されるなどの特徴があります。
その分、コストが高くなるイメージにもなって来ますが工務店で住宅の設計から施工を依頼したときの相場は坪単価で60万円前後といわれています。
そのため、30坪の家を作るときには60万円×30坪=1,800万円の費用が必要になって来るわけです。
ただ、この単価は依頼先の工務店で幅があるので、それぞれの会社の坪単価を調べることをおすすめします。
仮に家に掛けることができる予算が1,500万円で30坪の家を建てたいときには1坪当たりの単価が50万円になるので、希望する土地にどのくらいの広さの家を建てるのかを考えておくと計算がしやすくなります。

工務店に関する情報サイト
工務店の基礎知識

当サイトは家づくりを工務店に依頼したいけれど不安だという人向けに、基礎知識をご紹介しています。これから家づくりのためにハウスメーカーを選びたいという場合にも、役立つ可能性があります。気になっている店は大丈夫なのか疑問がある場合にも、経営状態の安定したお店を見極める方法を解説しているのでおすすめです。さらには担当者とのコミュニケーションも重要であるため、お客様目線の店を選ぶことの大切さにも触れています。

Search